×
HOME>アーカイブ>毒素を排出する力を取り戻す酵素の役割を紹介
服用

体内の循環を取り戻そう

毎日の生活の中で疲れやすいと感じているときには、東洋医学の世界では気の巡りが悪くなっている状態を意味します。気の巡りというのは血液や水分のことであり、これらが狂うと神経がうまく働かずに体が思うように動けなくなるのです。その気の巡りを悪くする原因として挙げられるのが、生活をするうえでどうしてもたまってしまう毒素です。毒素の正体は食べ物を摂取したときの余分な成分だけでなく、太陽からの紫外線による悪性の活性酸素や空気中に漂う重金属類が該当します。これらの物質を外に放出力が体に備わっているのですが、疲れているというのは排出する力が落ちている証拠です。そこで排出する力が落ちているときに、服用してほしいのが毒だし酵素と呼ばれるものになります。

細胞を元気にするのが役割

毒だし酵素というのは、穀物や野菜から抽出した酵母菌の中にビタミンやミネラルなどを加えた補助食品です。毒だし酵素の役割というのは、先に言ったとおりに人間の体には本来老廃物を排出するための細胞が活動をしてします。しかし疲れているからだというのは、細胞にうまく栄養などが送られないので生き生きと活動できない状態になっているのです。そこで毒だし酵素を服用することで、元気がなくなった細胞に外から生きた細胞を取り込むのです。その生きた細胞が体内のある細胞の活動の一部になることによって、本来の排出する力を呼び戻します。

服用するときには朝と夜がおすすめ

毒だし酵素を服用することで細胞を復活させることができますが、ただやみくもに飲んでも効果を発揮しにくいです。この酵素を飲むときには、必ず朝と夜の2回に分けて服用します。夜に服用することによって、就寝中に体の中では代謝細胞が活性化し細胞修復を行うだけでなく老廃物も便の中に入れて排出しようとしているのです。そこで夜寝る前の10分前ぐらいに酵素を服用することで、この就寝中の代謝を促進し毒素の排出を促します。そして6時間から8時間後の朝に飲む理由は、夜中のうちにためておいた老廃物が入った便を外に放出する必要があるのです。そこで酵素を摂取すると、酵素のガスが大腸を動かすので排出を促してくれます。

広告募集中